お す す め 観 光 ス ポ ッ ト

沖縄本島北部のおすすめ観光スポット。

 沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、本部町(もとぶちょう)にある海洋博公園の中の1施設で、沖縄観光の目玉です。大水槽には、圧巻の全長8.5mのジンベエザメ、大きいマンタ。水族館建物周辺には、イルカ、ウミガメ、マナティの施設。公園の北側には、エメラルドビーチ、南側には、蘭の咲き誇る、熱帯ドリームセンターがあります。

 万座毛

万座毛(まんざもう)は、「万人を坐するに足る草原」という意味で、草原の先の断崖は、象の鼻のように、青く透明な海に突き出しています。

 辺戸岬

辺戸岬(へどみさき)は、国頭村(くにがみそん)に位置する、沖縄本島最北端の岬。太平洋と東シナ海に面しています。

 今帰仁城跡

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は、琉球王朝統一前の、各地に割拠する王の居城の一つで、今帰仁村(なきじんそん)にあります。グスクの大きさとしては、沖縄最大です。東シナ海を一望。

 大石林山

大石林山(だいせきりんざん)は、石灰岩が侵食されてできたカルスト台地で、剥きだした奇岩、亜熱帯植物を抜ける散策コースが整備されています。頂上から、辺戸岬の海を見渡せます。

 古宇利大橋

古宇利大橋(こうりおおはし)は、屋我地島(やがじしま)と古宇利島(こうりじま)を結んで海にかかる全長1,960メートルの橋です。

 ワルミ大橋

ワルミ大橋(わるみおおはし)は、本部半島(モトブハントウ)の今帰仁村天底(なきじんそんあめそこ)と屋我地島(やがじしま)の名護市我部(なごしがぶ)との間の海峡にかかる、全長315メートルの橋です。橋の高さは、37mあります。

 茅打ちバンタ

茅打ちバンタ(かやうちばんた)は、束ねた茅を断崖(バンタ)から落とすと風でバラバラになって打ち付けられたことから、茅打バンタと呼ばれ、国頭村に位置します。展望台から、漁港、海岸を見下ろせます。

このページのトップへ
沖縄ブログ

>>会社概要
>>ご利用案内
>>プライバシーポリシー
>>このサイトについて
>>サイトマップ

Copyright(C) Aloha Lanai Inc. All Rights Reserved.