沖縄の食材

沖縄には、豊富な熱帯果実、はじめての珍しい食べものが沢山あります。食べてみて、とりこになりそうな食材を発見!!

(野菜)
アダン新芽を食べる、タケノコの食感
うりずん(豆)四角豆、うりずんは草花が勢いを増す春ごろの時期
雲南百薬ウンナンヒャクヤク、アカザカズラ(オカワカメ)
オオタニワタリ新芽を食べる、シダ科
クワンソウアキノワスレグサ、ユリ科
ゴーヤーニガウリ
コーレーグース島とうがらし、島とうがらしで作る調味料
シブイ冬瓜
島にんじんチデークニ、黄色で細い
島らっきょう独特の香りと辛み
ターンム田芋、水田で栽培される里芋の一種、ずいき(芋茎)はムジと呼ばれる
長命草チョウメイグサ(サクナ、ボタンボウフウ)という野草
ナーベラーヘチマ
ハンダマ水前寺菜と呼ばれる葉野菜、葉は裏が紫色、鉄分を多く含み「血の野菜」と呼ばれる
パパイヤ(パパヤー)果物のパパイヤ(黄色)と、野菜用の熟す前の青いパパイヤ
ヒハチ(ピヤーシ)実を干して粉にすると沖縄版の胡椒、葉は食べられる
フーチバーニシヨモギ
ンジャナバーにが菜、虫も食べないほど苦い

(果物)
アセロラビタミンCが豊富な赤い小さな球形の甘酸っぱい実
アテモヤ緑色の松ぼっくりのような形、果肉は白く甘くクリーミー
カニステルオレンジ色の果皮、果肉は蒸かし芋の味に例えられる
キーツマンゴー外皮は緑色のマンゴー
グァバ葉はお茶になり、果肉は淡い甘さ
シークヮーサーヒラミレモン
島バナナ小振りで甘い、追熟が速い
スターフルーツ果皮は光沢のある淡い黄緑色、輪切りにすると星型、甘酸っぱい味
ドラゴンフルーツ淡泊でほのかな甘さ、果肉は白または赤
パイナップル夏のパイナップルは味が濃い
パッションフルーツシワがよってきたら食べごろのサイン、強い香りと味
パパイヤ(パパヤー)果物のパパイヤ(黄色)と、野菜用の熟す前の青いパパイヤ
マンゴー果物の王様

(料理)
アシテビチ豚足
アジクーター味が濃い
芋くじアンダギー蒸かした紅芋を裏ごしして油で揚げる、アンダギーは揚げ物
イリチー炒め煮
カチュー湯カツオ節にお湯を注ぎ味噌をとかす
からぎ茶シナモン(ニッキ)茶
クーブイリチークーブ(昆布)の炒め煮
サーターアンダギーサーター(砂糖)を使った球状の揚げ菓子
さんぴん茶ジャスミン茶
島豆腐通常の豆腐より水分が少なく味が濃い
ジーマミー落花生(ピーナッツ)
ジーマミー豆腐ピーナッツで作った豆腐(ゴマ豆腐のようにねっとり)
ジューシー沖縄の炊き込みご飯
シンジムン煎じもの、シンジは煎じること
スーチカー豚の三枚肉の塩漬け
スバそば
ソーキ骨付きアバラ肉
ソーミンそうめん
ソーミンチャンプルーそうめんを炒めたもの
タシヤーさっと炒める
チムシンジンジャナバー(苦菜)、チム(豚レバー)を煮込んだ吸い物
チャンプルー炒めもの
チラガー豚の顔
テビチ豚足
豆腐よう泡盛で漬け醗酵させた豆腐
ドゥルワカシー田芋とその茎を潰して豚肉やかまぼこと煮る
中身豚の内臓
なかみ汁豚の内臓の吸い物
ヒラヤーチー沖縄のお好み焼き
マース
ミミガ-豚の耳皮
ミヌダルペースト状の黒ゴマ(醤油、みりん、砂糖)を塗って蒸した脂身のないロース豚肉
ゆし豆腐おぼろ豆腐
ラフテー豚の角煮
ンブシー味噌煮

(魚貝、海藻)
アーサー汁アーサー(岩に付く緑色の海藻の一種)を入れた吸い物
アバサー汁アバサー(ハリセンボン)を入れた吸い物
海ぶどう小さい粒がぶどう状についた海藻
イラブ-ウミヘビ
イラブチャ-アオブダイ
ガーラギンガメアジ、オニヒラアジ、ロウニンアジ
クーブ昆布
グルクン魚のタカサゴの一種で沖縄の県魚、白身で淡白な味
シャコガイ刺身で生食、沖縄の「さしみ屋」という看板は刺身を売るお店
シルユーシロダイ
スーナユミガタオゴノリ
スクガラススク(魚のアイゴの稚魚)の塩漬け(ガラス)、小びんに整然とぎっしりビン詰め
スクガラス豆腐スクガラスを島豆腐に載せたもの(骨硬く要注意)
ミジュンイワシの一種
ミーバイハタ(アラ)類で多くの種類、アカジンミーバイ、アーラミーバイ、イシミーバイetc.
ムルーフエフキダイの仲間、ホオアカクチビ
もずく酢の物がポピュラー
ンゾーウデナガカクレダコ

 沖縄の世界遺産  沖縄の方言  沖縄の食材  沖縄の道の駅  沖縄の地名  沖縄ビーチ  沖縄ゴルフ旅行
 沖縄旅行者数  ガイドブック
このページのトップへ
沖縄ブログ

>>会社概要
>>ご利用案内
>>プライバシーポリシー
>>このサイトについて
>>サイトマップ

Copyright(C) Aloha Lanai Inc. All Rights Reserved.